基本的心得

現在はこの「基本的心得」の章のみ公開されていますが、今後は各パターンにカテゴライズされた内容の記事が追加されることになります。

 

BCPとは、東日本大震災によって受けた被害より、災害時の企業の永続性を高め、災害に強い企業を作るための仕組みを指します。概要は下記中小企業庁のサイトから引用します。

こういった取り組みを行うことも企業としては必要なことでしょう。導入を検討する価値があると思います。

以下中小企業庁のページからの引用です。

近年、災害等が頻発する中、被災した場合、地域経済の担い手である中小企業・小規模事業者の早期復旧が重要です。早期復旧には、自然災害等の緊急事態に遭遇した場合に備えて事業継続計画(BCP)を策定し、平時に行うべき活動や緊急非常時における事業継続の手法等を構築すること等が有効です。しかしながら、中小企業・小規模事業者のBCP策定状況は低いのが実態です。また、緊急非常時における事業継続のための取組は、サプライチェーンや業務体制の見直し、資金調達計画の立案、重要商品の検討等、様々な取組が想定されます。
このため、BCP策定や緊急非常時における事業継続のための取組の検討を行う中小企業・小規模事業者等の実態を把握しつつ、ワンストップで対応する経営支援体制の整備を図ることにより、きめ細かな対応を行う事を目的とします。具体的には、BCP策定に係る知識の不足により最初の一歩が踏み出せない中小企業・小規模事業者等に対してBCP関連の専門家等を派遣し、専門的見地からの支援を行います。
本募集は、「専門家派遣」において、派遣された専門家に対する謝金・旅費の支払等の事務処理等を行う機関(事務処理等実施機関)を募集するものです。

引用元:中小企業庁:平成29年度予算「BCP関連の専門家等派遣事業(専門家派遣の事務処理等実施機関)」に係る募集を開始します

会議が長時間に渡ると、その議事の内容が少しずつぼやけてしまい、何が決まったのか?わかりにくく成る場合があります。

これらを防止するためには議事録をとることは大前提ですが、会議の最後にその日決まったことをを再確認することが大事です。

「会議の最後には、書紀から、その日の議事内容を箇条書きにまとめたものを発表して宣言する」

スピードが重要視される現代社会において、情報の共有化は重要な課題です。

インターネットを使った情報共有に関して、以前であればメールなどを使った連絡方法が重要視されていましたが、徐々にその方法には変化が起こっています。リアルタイム性を重要視すればSNSと言われる各種サービス内でのメッセンジャーやメッセージグループなどの利用が進んでいます。

これら情報共有は、時間的節約になるだけではなく、参加者の距離的な問題も解決できる一つの方法になります。

何事も会議を経なくては物事が進まないのでは復興活動もままならない。

支援内容を考える場合、個人事業者や個人への支援は基本的に個社支援とか個者支援といった呼び名で行われます。(以下両方を個別支援という言い方で統一します)それに対して地域全体を見据えた支援に対しては面的支援と呼ばれる事があります。

地域復興を考える場合、この両者は切っても切れない関係にありますが、団体としどの面を中心に活動するのかは重要な課題です。当然面的支援の中には個社支援などが含まれてきますが、それを全面に行うとなると、団体としての意義を問われる結果にも繋がります。

グループでの復興活動には意識の統一が必要になってきます。同じ目的で集まったメンバーでも、考えていることはそれぞれ詳細が違います。そのため、いざ会議になるとそれらの意識が表面化して進まない場合が発生します。

グループ内での意識の違いを乗り越えるためには、それら意見を集約したスローガンが必要です。

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS