山道の被害状況などをリサーチしました。

今日は、御船町の山間の山道の被害状況などをリサーチしました。もともと、大雨の際には、麓にある住宅地などに浸水被害が起きやすい場所のようですが、震災などの影響もあり、山からの水の流れが変わり、大雨が降ると、大量の雨水が流れ込む情況になったとのこと。

そのため、側溝も役に立たない状態にあり、一部の崖の部分が崩落しており、その被害が広がるのではないかと心配されていました。

上の方にある林道も、雨天時の水の通り場になっていて、これらの水の流れを変える必要がありそうでした。

以前より行政の皆さんには対策をお願いしてあるとのことでですが、なかなか進んでいないのが実情の様です。あまたあるこういった危険箇所に対しての処置は、優先順位をつけて対応されていると思いますが、このままでは危険性が高い場所というのはまだまだ沢山あると思います。

これら問題を解決するためにはいくつかの方法論があります。

住民の皆さんとも協議して、対策を練る必要があると思いました。

 

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS