復興関連のお手伝いでちょっと困ったなと思うのは「元の生活を取り戻したい」と考えている方が多い事。

しかし、災害後と災害前では状況自体が変化しているため、それは果たせない可能性が高いです。

例えば益城町などで商売をしていた。震災で店が営業できなくなった。もう一度同じ場所て商売を再建したいという願いがあるとします。

平成 30 年中小企業庁農商工連携促進事業セミナー「食と観光で地域を元気に!」の実施

 我々の仲間・六次産業化プランナー武田耕二さん、御船町観光協会顧問永本文宣さんの尽力で、九州観光振興機構九州観光広報センター副センター長でもある若林宗男先生による平成 30 年中小企業庁農商工連携促進事業セミナー「食と観光で地域を元気に!」の実施が決まりました。若林宗男先生は、一般社団法人九州の食の理事であり、若林ビジネスサポートの代表として活躍中との事です。ぜひ、御船町の方は、西原村の農商工連携事業をしている方も、ふるって、ご参加ください。

現在、御船町では、オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトの皆さんが中心になり、各種専門家の方をミラサポという制度でお呼びし勉強をされています。今回何名かの専門家の方々の来熊が重なりましたので、懇親会が行われることとなり、その中で各専門科の皆さんがどの様な指導をされているのかの概要をご説明いただきました。

これら専門家の皆さんは、経験も豊かで個別の事案に関しての適切な指導が出来ており、すでに支援を受けている事業者の方からも高い評価を受けています。今後、これら仕組みを御船町全体に波及させ、復興に拍車をかける必要があると感じます。

企業として大変重要な自己分析は、その事業者自ら行うことがとても困難です。

そのため、こういった客観的分析と助言があるだけでもその事業は劇的に変化向上する可能性が高いでしょう。

deltaworks20180927 DSC02017 02017

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS