本日の訪問で共通した課題というのが浮き彫りになった。訪れたのは行政関連2箇所と復興関係に尽力されている個人の方お二人。

その共通した課題というのは、やはり仕組みの問題。

復興関連のお手伝いでちょっと困ったなと思うのは「元の生活を取り戻したい」と考えている方が多い事。

しかし、災害後と災害前では状況自体が変化しているため、それは果たせない可能性が高いです。

例えば益城町などで商売をしていた。震災で店が営業できなくなった。もう一度同じ場所て商売を再建したいという願いがあるとします。

平成 30 年中小企業庁農商工連携促進事業セミナー「食と観光で地域を元気に!」の実施

 我々の仲間・六次産業化プランナー武田耕二さん、御船町観光協会顧問永本文宣さんの尽力で、九州観光振興機構九州観光広報センター副センター長でもある若林宗男先生による平成 30 年中小企業庁農商工連携促進事業セミナー「食と観光で地域を元気に!」の実施が決まりました。若林宗男先生は、一般社団法人九州の食の理事であり、若林ビジネスサポートの代表として活躍中との事です。ぜひ、御船町の方は、西原村の農商工連携事業をしている方も、ふるって、ご参加ください。

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS