はじめに

現在、新たな復興や地域活性化となる礎として、「熊本復興大学」の企画を立ち上げるべく準備を行っています。地域と専門家を繋ぐ高機能の活動に成るよう様々な企画を行います。

すでに、各体制の構築に入っており、熊本のメンバーだけでなく、東京チームとも連携しての組織づくり及び組織づくりを行っています。正式開校までにはまだ時間がかかるものと思われますが、地域の為の出来うる事を丹念に洗い出し、対応出来る仕組みにしたいと思います。

 

熊本復興大学

熊本復興大学とは、復興や地域活性化のための知識を集積して、民間と行政、そして企業が勉強するための仕組みです。そのために専門家の皆さんを被災地に招き、具体的な方法論や心構えなどを勉強することからはじめます。

復興マニュアル

復興や地域活性化において重要だと思える事項をマニュアル化してお伝えします。これ等マニュアルを頭に入れて活動を再構築することで、より効率的にすすめる事が可能となります。(作成中)

講師陣

熊本復興大学の講師陣についてのリストです。(作成中)

2018/08/13
Default Image
活動記録 27

御船町の第45回御船があーっぱ祭りの視察に行ってきました。

https://www.youtube.com/watch?v=8MjEBvtA8L4
2018/08/13
deltaworks 1200913
活動記録 30

南阿蘇の夏祭りと西原村の夏祭りを視察しました。

南阿蘇で復興活動をされている「おやっさん」の夏祭りと西原村の夏祭りを視察しました。 西原村小森袴野の村落では、地震以降自粛されていた地域の夏祭りが規模を縮小して開催されていました。 西原村小森袴野の夏祭り
2018/07/24
djmedia:7
活動記録 46

オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトの総会

オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトの総会が開かれ参加してきました。 今回は各活動報告の後に水野様から今後の復興活動に関して重要なコンセプトや方法論に対しての講義なども行われました。 以下はFBに書いた所感です。 オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトでは、グループ補助金事業者を基本として多業種のメンバーにて構成されている復興グループであり、こういった多業種によって構成されているグループ補助金事業というのは全国的にも珍しい。…
2018/06/03
活動記録 68

山道の被害状況などをリサーチしました。

今日は、御船町の山間の山道の被害状況などをリサーチしました。もともと、大雨の際には、麓にある住宅地などに浸水被害が起きやすい場所のようですが、震災などの影響もあり、山からの水の流れが変わり、大雨が降ると、大量の雨水が流れ込む情況になったとのこと。 そのため、側溝も役に立たない状態にあり、一部の崖の部分が崩落しており、その被害が広がるのではないかと心配されていました。 上の方にある林道も、雨天時の水の通り場になっていて、これらの水の流れを変える必要がありそうでした。…

御船町 第二回復興祭 レポート

2018/04/12 131
先日の日曜日、オールみふね恐竜の里復興プロジェクトの主催で「第二回復興祭」が開催された。当日はパネルディスカッションの司会を仰せつかり任務を果たさせていただいた。…

浪江町の商工業再建について

2018/04/04 105
Default Image
先ほど、福島県浪江町の商工業関係者の話を聞かせていただく機会を得た。商工業の再建は難航しているようだ。…

東京で行われた円卓会議に参加しました。

2018/03/31 85
平成30年3月29日 東京で行われた円卓会議にビデオ会議システムを利用して参加しました。…

御船町販路拡大事業打ち合わせ

2018/03/28 94
御船町販路拡大事業打ち合わせ
御船町の販路拡大事業における方針と補助金に関しての知識共有の為の会議を開催しました。…
© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS